岩尾醤油醸造元

創業明治7年 変わらぬ製法を守り続けるヂガミイワ醤油 | 岩尾醤油醸造元

商品カテゴリ

コンテンツ

醤油の日

みその日

福井県醤油味噌工業協同組合

メール会員登録

 

HOME»  ブログ記事一覧»  おもしろい話»  塩の豆知識

塩の豆知識

塩の豆知識

塩の豆知識
日本の塩作り
日本の製塩方は外国のように、岩塩や、かん湖(濃い塩水の湖・イスラエルにある死海など)もなく、決して塩資源に恵まれた環境とはいえません。
辛い日本の周辺は海に囲まれている為古代から現代まで、日本の塩はすべて海水を煮詰めて作ってきました。しかし、日本の気候は雨が多い為、製塩には大変な苦労をしてきたみたいです。
日本の塩づくりのれきしは、古代(奈良・平安時代)は「藻塩焼く」と言って、海中の藻を採り、これに海水を振りかけて藻を焼いたり、したたらした海水を煮詰めて塩を作ることから始まりました。
中世(鎌倉・安土桃山)になって、海岸近くに塩田を開き、海水を汲み上げる「揚浜式塩田」お隣の石川県能登が知られています。そして近世(江戸時代)近代(昭和26年)には、塩の干満を利用して海水を導入する「入浜式塩田」となり、戦後は従来の塩田方法の改良を重ねた下流式と立体的に水分を蒸発させる枝条架(細かい竹枝を組んだ物)と組み合わせた「流下式塩田」へと変わってきました。
これらはいずれも太陽熱と風の力を借りて、濃い海水を取る方法で、気象条件に左右されやすく、また広大な土地を必要とするため、生産コストも高くつき非能率的な為もっと能率で合理的な製造方法の「イオン交換樹脂膜製塩法」開発され作られています。
日本の塩の自給率は、周りに海があるにもかかわらず11~15%しか有りません。
しかし食用塩の自給能力は100%有ります。外国からの圧力などから実態80~85%になっているみたいです。
又明治の初めこの鷹巣地区の浜住町から米納津の浜一帯と長橋町から南菅生町一帯に揚浜式塩田がいくつも有ったと言われています。塩は福井方面と大野方面に販売していました。
上記記事は 日本専売公社 塩業近代北本部 (社)専売事業協会 昭和50年3月
発行の暮らしの中の塩、鷹巣村志を参考にしました。


http://www.shiojigyo.com/siohyakka/ここだよ
 

2017-07-21 02:17:12

おもしろい話   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント